• ホーム
  • なぜニキビができるのか?仕組みについて知ろう!

なぜニキビができるのか?仕組みについて知ろう!

マスクシートを使用している女性

ニキビができる仕組みを理解することで、健やかな肌状態を保つ対策をすることができます。大きな原因はアクネ菌ですが、普通に肌にいる皮膚の常在細菌であり、いつもは悪さをすることがありません。共存している存在で表皮を弱酸性するため、外部からの病原微生物の感染を防ぎます。

問題は空気の遮断された環境の中では、どんどん増えていく性質をもつことです。過剰な皮脂や汚れで毛穴が密閉されてしまうと、内側ではアクネ菌が炎症を起こす事になり、こうした仕組みでニキビはできます。あらわれる症状と共に呼び方も異なり、皮膚にざらつきを感じるレベルや赤みがでたり、痛みを感じるなどの段階により様々です。

食段階では毛穴に皮脂などが蓄積されて詰まることで、白ニキビができます。見た目は白く盛り上がりのある状態であり、この段階ではあまり気にもなりません。特に対処をしないまま白ニキビが悪化をすると、今度は炎症が起こります。

次のステップで発生するのが赤ニキビであり、赤みを帯びて腫れた状態です。黒くなるのは黒ニキビですが、開いた毛穴に白ニキビの過剰な皮脂が溜まり、それが酸化することで訪れる症状です。中期にあたるのが赤ニキビですが、末期になると今度は膿が溜まります。膿疱とも呼ばれる症状であり、黄色い膿が見えるのは、赤ニキビを通り越して炎症が激しくなったためです。放置をするのは危険であり、皮膚にニキビ跡を招くリスクを高めてしまいます。

ニキビ跡の種類にはいくつかの種類があり、色素沈着やクレーター、ひどく悪化するとケロイドにもなりかねません。メラノサイトを炎症が刺激することで、赤み自体は消えても、色素が茶色く沈着をするのが色素沈着のニキビ跡です。炎症が終わっても組織に収縮が起きれば、皮膚にはデコボコのクレーターが残ってしまいます。

安易に考えられないのもニキビの発生であり、早めの正しいケアで改善をすることです。肉眼では見えないストレスも、ニキビ発生の仕組みに深く関わっています。様々な要因でストレスを受けることで、それに対抗するために体内で増えるのが男性ホルモンの分泌です。過剰な皮脂により毛穴が詰まりやすくなるためニキビができます。

ストレスが原因になる時、強い影響を受けるのは男性ホルモンからです。顎の周辺や口周り、首元などの顔の中では下の部分にニキビができやすくなります。世のなかはストレス社会といわれているほど、誰もが少なからずストレスを受けていますが、自覚がないケースも実は少なくありません。

自分なりに良い解決法を持つことであり、加えて睡眠や食事など日々の生活習慣を整えることで、多少なりとも負担を軽減させることができます。でも頑張り過ぎてしまうのも元来真面目な日本人の特徴であり、内側のストレスによるSOSのサインとしてニキビが現れることもあるため要注意です。日頃から素肌を清潔に保ち保湿を心掛けること、ストレスはこまめに発散するなど、ニキビ対策をしていくことはできます。