• ホーム
  • 市販で購入できるハイドロキノン配合の医薬品の効果とは?

市販で購入できるハイドロキノン配合の医薬品の効果とは?

顔にクリームを塗っている女性

市販で購入することのできるハイドロキノン配合の医薬品の効果は、一体どれほどのものなのか、使いたい人にはとても気になります。ハイドロキノンそのものの濃さを、濃度は表しているものではありません。そのその化粧品に、一体何%ハイドロキノンが含まれるかの配合率です。商品説明に1%を記載があった場合だと、全成分の含有量のうちの割合で、有効成分が1%になります。

市販化粧品の配合率としてアメリカの場合は、2%の濃度までというのがルールです。日本の場合はアメリカとは異なり、市販化粧品への濃度の制限はありません。クリームなど気軽に使用できる商品は多く出回っていますが、メインは1%から3%ほどの配合量であり、時々ですが4%から5%のタイプもあります。

皮膚科などの医療機関では正式な医薬品の治療薬としての処方ですが、病院での処方は6%以上の濃度の処方が可能です。病院で処方をされるのは疾患治療のための医薬品ですから、含まれる成分量が多く、その分だけ効果は高くなります。

反面で有効成分もそれだけ濃厚になりますので、漂白の作用も高まるものの、皮膚への刺激も強くなることは避けられません。成分を含むクリームを毎日使うことで、シミを薄くしたり美白効果を得ることになりますが、1%より3%含む方が漂白効果は見込めるということです。

皮膚への刺激という面で見てみると、含有量が多くなるほど皮膚への刺激も強くなります。漂白効果は高い濃度の方が期待は出来るものの、皮膚に感じる刺激が強いため商品を購入する際には、皮膚への負担と漂白効果のバランスを考慮することも必要です。

気軽に購入が出来るのが市販のハイドロキノン含有商品の便利な部分であり、1%から3%の濃度のものが多くなります。この割合は最も安全性が高いと言われていて、低刺激なので肌の敏感なタイプでも使用が可能です。薄くデリケートな皮膚を持つ顔に、全体的に使用をしても問題はありません。とても刺激が低いものの、肌に対しての漂白作用も同時に弱いです。

毎日のスキンケアで連続して使用する時の目安としては、およそ6ヵ月ほど過ぎたくらいに、シミが以前より少し薄くなってきたように感じるレベルになります。一刻も早くシミをリセットしたいと考える人にとっては、結果として物足りなさを感じるかもしれません。くっきりと濃いシミに対しては、完全に消しきれないのも化粧品のタイプです。できるだけ肌に負担をかけないで、少しでもシミの色素を薄くすることを期待する、安心重視で使うなら化粧品は向いています。

毎回病院へ行く手間もありませんし、ドラッグストアなどで購入が出来る商品なら、診察料などもかかることはありません。いつものお手入れに美白ケアとしてプラスしたいと考える人に、ハイドロキノン配合商品はピッタリです。クリニックや皮膚科での処方になると、ハイドロキノン含有量は4%から5%の商品になるので、市販品とは異なり一気に濃度も効果も高くなります。