• ホーム
  • 美容皮膚科でできるシミを取るためのレーザー治療とは?

美容皮膚科でできるシミを取るためのレーザー治療とは?

美容皮膚科ではシミを取るためのレーザー治療を受けることが出来るため、美白化粧品でスキンケアを続けるよりも効率的です。メラニン色素がシミの原因であり、レーザーを照射してシミを焼切ります。照射をした際に皮膚で反応をするのは、メラニン色素の茶色や黒色の色素のみです。濃い状態になるほど1回の照射で消すことは難しいため、一定の期間をあけて複数回の施術をするケースが多いと言えます。

医療の力で肌を美しくする美容皮膚科での施術の流れとしては、ターゲットに専用のマシンを使い照射をする方法です。軽く熱の痛みを感じるものの、麻酔無しで我慢できるレベルであり、痛みが弱い人は麻酔を使うこともできます。ジェル状のものや貼り付けるシール状の麻酔を使い、しばらく経過したら外して、感覚が鈍くなったら照射です。

サイズや消したい数にもよりますが、ほんの数十分ほどで終わります。一瞬の高熱を加えることになるので、軽い炎症を起こしますがやがて治まるので心配はいりません。照射直後はまるで料理をしているときに、油が跳ねて皮膚に着いたように、赤く軽い炎症を起こします。やがて茶色いかさぶたに変わり、自然に剥がれ落ちるので自分で剥がしたりしないことです。一時的にできるかさぶたの色は濃いですが、1週間から10日ほどで剥がれます。

炎症後色素沈着でいったんシミは濃く見えるようになりますが、ひと月から3ヵ月ほどのゆっくりと時間をかけて、状態は薄くなっていく流れです。1回だけの治療効果では少ないと感じる時には、同じ施術を何度か繰り返します。白い肌へ導く治療の効果は、回数を重ねることでより満足のいく結果に導かれる方法です。

気になる費用面ですが美容が目的となりますので、保険診療にはなりません。通常病院を利用する場合、何かの疾患であれば保険診療での対応ですが、美容のためだと全額自己負担になるためです。自由に費用設定が出来るのも、美容皮膚科などの美容目的の医療機関であり、治療前の事前の価格確認は必要です。

医療機関で導入をするレーザー機器にはいくつかの種類があり、ニキビや毛穴改善にもなるマシンもあります。強力なタイプはそれだけダウンタイプも長くなりますが、皮膚の再生能力を促して毛穴悩みを解消したり、ニキビ予防にもなるなどメリットも多いです。

皮膚の表面に留まらず奥深いところまで狙うのはQスイッチルビーレーザーであり、シミの中でも濃い状態の治療にも使われます。1cm四方くらいで価格は15,000円くらいです。Qスイッチルビーレーザーよりも高出力であるのはQスイッチYAGレーザーですが、費用はQスイッチルビーレーザーとあまり変わりません。

肌に生じているシミがとても濃いなら、QスイッチYAGレーザーは適したマシンです。ダウンタイムも無く穏やかな施術を希望するなら、レーザートーニングを選ぶこともできます。完全なシミ取りというより、肝斑を薄くしたりくすみを軽減するために向いているタイプです。