• ホーム
  • 肌ダメージを抑えるために紫外線対策をしっかり行いましょう!

肌ダメージを抑えるために紫外線対策をしっかり行いましょう!

穏やかな太陽の陽射しは心地よいものですが、強烈な紫外線を長いあいだ浴び続けるのは肌に大きなダメージを与えます。白く健やかな肌を守るためにも、日頃からしっかりとUV対策をすることです。

丈夫な肌には十分な水分量が保持されていますが、角質層から水分を蒸発させないように保護層があります。微生物が入るのを防いだり、外部刺激から守るためにも重要な役割です。皮脂膜と角質こそが守り役の保護層ですが、紫外線により皮脂は酸化して全体的にバリア機能を低下させます。

皮膚の老化は加齢ばかりのせいではなく、UVAとUVBの紫外線による影響が80%です。皮膚にハリと弾力をもたらすコラーゲンは、紫外線からのダメージで分解されて減少します。日焼けでダメージを受けた皮膚には、健やかな肌よりもコラーゲン量は少ないです。大切な肌を衰えさせる要因になるため、徹底した紫外線対策で白い肌を守ります。

外出時のお共には帽子や日傘を愛用することであり、UVカットをして食える商品も今では豊富です。日差しから顔を守るためにも、帽子はつばの広いタイプを選ぶようにします。日傘は黒い方が紫外線をカットするとも言われますが、UVカット加工がされているタイプを選ぶのがよいでしょう。晴雨兼用の日傘なども重宝します。

UVカット対策として、外出時には日焼け止めを必ず塗るようにします。真夏だけのお手入れに考えがちですが、紫外線は年間を通して降り注いでいるためです。種類もあるので自分の使いやすいタイプを選ぶと、快適に使うことができます。

保湿力が高いのはクリームタイプであり、肌に塗布してもしっとりとしていますし、むらにもなりにくいです。化粧下地としても使用できるものが豊富なのもクリームであり、真夏の発汗にも負けないウォータープルーフ性の商品もあります。手軽に広範囲へのUV対策をするならスプレータイプがありますし、サラサラな使用感が好みならジェルタイプの日焼け止めです。

ダメージを受けた皮膚は乾燥をしていて、とても弱い状態になっています。対策として毎日の十分な保湿ケアも重要であり、化粧水で水分を補給して、保湿クリームで肌を保護することです。美容液も保湿ケアに使いたいのは、濃厚な美容成分が凝縮をされているためであり、少量でも使うと肌の保湿力を高めてくれます。敏感になっている皮膚は潤いと共に、美容成分も不足をしている状態です。不足した水分を化粧水でチャージして、美容液で栄養を補い、濃厚なクリームで蓋をするようにします。

健康な皮膚を回復させて良い状態を保つためにも、美容成分のキングでもあるビタミンCは欠かせません。最強の抗酸化物質とも言えるのがビタミンCであり、フリーラジカルのダメージや炎症をリセットさせるためです。スキンケア製品としても使いたいですし、毎日の食事にも欠かせない美容成分でもあります。化粧品で使うならビタミンC誘導体のものを選ぶこと、食事では野菜や果物などからたっぷりのビタミンを補給することです。